シボガード 成分

MENU

シボガードの成分が知りたい方はこちら!

シボガードの成分が気になる方は必見です。

 

このページでは少しお堅い事を書いたページになってしまいます。

 

難しいことも出てきますがよりわかりやすくかみ砕いて説明したいと思います。

 

シボガードは機能性表示食品で消費者庁に登録されています。

 

消費者庁届け出番号はB44です。

 

まずシボガードの基本情報を一部お借りしてきています。

 

機能性表示食品として消費者庁に登録された内容は情報が開示されるようになっています。

 

栄養成分

本品中の一般成分を分析した結果、1 日摂取目安量4 粒あたりの含有量は、
エネルギー:2.7kcal
脂質:0.01 g
炭水化物:0.9 g
食塩相当量:0.01 g
タンパク質0.1g
機能性関与成分:ターミナリアベリリカ由来ポリフェノール(没食子酸として)20.8mg

 

原材料名
還元パラチノース
ターミナリ
アベリリカ抽出物/
セルロース
ステアリン酸カルシウム
二酸化ケイ素

 

シボガード 成分

 

 

科学的根拠を有する機能性関与成分名及び当該成分又は当該成分を含有する食品が有する機能性 1. 機能性関与成分名

ターミナリアベリリカ由来ポリフェノール(没食子酸として)
2. 有する機能性
本品には、ターミナリアベリリカ由来ポリフェノール(没食子酸として)が含まれるので、食後に上がる中性脂肪を抑える機能があります。脂肪の多い食事を摂りがちな方、食後に上がる中性脂肪が気になる方に適した食品です。

 

上記の事をわかりやすく言うとターミナリアベリリカ由来ポリフェノールが食後の脂肪の吸収を抑える働きがあると言っています。

 

つまり心配な中性脂肪の吸収量を減らすことができるのです。

 

これに対して本当か?

 

なんて思いますよね(笑)

 

そこで作用機序に関する説明資料というものがあります。

 

作用機序とはどういった根拠でそういった効果があるのかを説明しています。

 

とても難しい内容でした。

 

健常成人を対象としてターミナリアベリリカ抽出物の摂取が食後血中中性脂肪の変動に与える影響を検討するために二重盲検クロスオーバー法にて臨床試験を実施した。その結果,対照食品摂取時にくらべてターミナリアベリリカ抽出物を200mg,および300mgを含む被験食品摂取時には2時間後の血中中性脂肪の上昇,およびIAUCが有意に抑制された。
以上の結果より,ターミナリアベリリカ抽出物を200mg以上摂取することで,食後の血中中性脂肪の上昇が抑制されることが示唆された。

 

↓こちらから引用させていただきました↓
https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc06/youshiki5?yousiki5216File=B44%255CB44_youshiki5.pdf

 

つまるところターミナリアベリリカ抽出物が食後血中中性脂肪の上昇が抑制されたとという実験データが得られたのです。

 

どうでしたか?

 

難しい部分もありましたがオレンジ枠で囲ってあるところを見ていただけるとわかりやすかったのではないでしょうか。

 

シボガードに入っているターミナリアベリリカ成分は中性脂肪が気になる方の救世主なのです。

 

健康を考えている方にはぜひとも知っていてほしいですね。

 

そんなシボガードなのですが実際に飲んでいる方の評判が気になりませんか?

 

そこで評判について調べました。

 

>>シボガードの評判を見てみる