シボガード 妊娠中

MENU

シボガードを妊娠中に服用しても大丈夫なのか調べたら…。

シボガード 妊娠中

 

シボガードはサプリメント妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫なのでしょうか?

 

妊娠中でも中性脂肪が気になる方は体内で脂肪を吸収させないシボガードを飲みたいですよね。

 

妊娠中や授乳中は自分だけではないのでいつもより多く食べてしまいます。

 

授乳中でも体力も使いますしおっぱいを上げないといけませんからたくさん食べてしまいますよね。

 

しかし気が付いたら体重がものすごく増えていた

 

なんてこともよくある話

 

そこでダイエット目的でシボガードを試そうか考える方も出てきますよね。

 

そこでシボガードの成分を調べてみました。

 

原材料には

・還元パラチノース(甘味料)
・ターミナリアベリリカ抽出物(インド近辺で薬用として使用されているハーブ)
・セルロース(炭水化物)
・ステアリン酸カルシウム(乳化剤)
・二酸化ケイ素(乾燥防止剤)

 

が入っています。

 

この中で甘味料と乳化剤と乾燥防止剤は添加物になります。

 

体には害はありません。

 

そして炭水化物も体に害はありません。

 

そしてシボガードの主成分であるターミナリアベリリカ抽出物はインド近辺の国々でも医療用と使用されており安全が認められています。

 

これらの成分から体に害があるものはありません(添加物は使用されています)

 

そこでスッキリライフ通販の健康本舗は妊娠中や授乳中への使用は何と答えているのか見てみました。

 

 

妊娠中、授乳中でも飲んで大丈夫ですか?

妊娠中・授乳中を対象に開発された商品ではございませんので、かかりつけのお医者さまにご相談してください。
本品はダイエットをサポートする目的のサプリメントですので、妊娠中、授乳中のダイエットはお勧めできないという 理由から、お控えいただくことをお勧めしております。

 

という見解でした。

 

もともと食べ過ぎの見過ぎの中高年のためのサプリメントですから妊娠されている方が飲むことは想定されていないんですね。

 

妊娠中で食べ過ぎてしまっている方は妊娠性高血圧や糖尿病を気にされている方は食事のメニューを見直してみたり、マタニティーヨガなどで運動を取り入れることをおすすめします。

 

なぜならばそれが赤ちゃんにとって一番良いからだと考えるからです。

 

元気な赤ちゃんを産むために健康的な食事と運動と生活を心がけてください。

 

>>シボガードの口コミが気になる方はこちら